大谷復帰は? エンゼルスGM「まだあらゆるステップを踏まなければ」

[ 2019年5月6日 09:23 ]

大谷
Photo By スポニチ

 エンゼルスのビリー・エプラーGM(43)が5日(同6日)、早ければ7日(日本時間8日)の敵地タイガース戦で復帰する大谷翔平投手(24)について遠征先のメキシコ・モンテレイで取材対応した。

 「この遠征中(敵地9連戦中)に彼が復帰することを望むが、彼はまだあらゆるステップを踏まなければならない。リハビリが完了するまで何も言うつもりはない」と説明した。

 この日、大谷は本拠地アナハイムに残って5日連続で投手相手の打撃練習「ライブBP」を行い、マイナーの左右両方投手と対戦したという。4月24日から始めた「ライブBP」は前日までに少なくとも50打席を消化。すでに実戦復帰のメドとされた40打席を大きく超えているが、同GMは「通常、私たちは50打席前後を目標にしている。春季キャンプで経験するレベルに彼を近づけることが目標だった」と語った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月6日のニュース