DeNA 夏の特別ユニホームは“宇宙的”ラミレス監督「着ると凄く若く見える」

[ 2019年5月6日 11:05 ]

スターナイトユニホームを披露する(左から)三嶋、ラミレス監督、井納(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの毎年夏の恒例イベント「YOKOHAMA STAR☆NIGHT2019」で着用するユニホームの発表会が6日、横浜市の「はまぎん こども宇宙科学館」の宇宙劇場で開催された。

 8年目を迎える今季は7月30~8月1日のヤクルト3連戦(横浜)で実施。この日はラミレス監督、井納、三嶋の3人が、抽選で選ばれたファンの前でスペシャルユニホームを披露した。

 今回のイベントは「宇宙への航海」がテーマで、ユニホームも青を基調としたスペ―シー感たっぷりのデザイン。ラミレス監督は「素晴らしいデザインで格好いい。これを着ると凄く若く見える」と笑顔で話した。

 「宇宙人」にニックネームを持つ井納は、宇宙科学館での発表会に「場所を聞いた時に縁があるなと思った」と話して出席者を笑わせた。現在は2軍調整中だが、指揮官から「井納も(ヤクルト3連戦の)その頃はベストコンディションになっているはず。先発したい?」と聞かれると「スターナイトで勝ちたいと思います!」ときっぱり。ラミレス監督はファンに向かって「皆さん、この言葉を覚えておいて下さい」と語りかけた。

 前日の阪神戦で福留にサヨナラ2ランを浴びた三嶋は「監督が言っているようにポジティブに、自分を信じて投げたい。(スターナイトは)ファンの方と同じユニホームで一体となって応援してもらえる。3連勝したいです」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月6日のニュース