巨人・亀井4年ぶり一塁守備 原監督「総動員、総動員ですね」

[ 2019年5月6日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3―3広島 ( 2019年5月5日    マツダ )

4年ぶりに一塁守備に就いた亀井(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は9回同点に追いついた直後の守備から、外野手の亀井が15年7月4日中日戦以来、4年ぶりに一塁の守備に就いた。亀井は「5番・右翼」で先発出場し、左翼に回った後に一塁。延長10回まで守り、遊ゴロの送球を坂本勇から受けるなど無難にこなして「必死でした」と振り返った。

 11回に代打起用された中島が、同回の裏に一塁に入ると再び左翼に。原監督は「総動員、総動員ですね」と繰り返した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月6日のニュース