阪神・青柳 ヤクルト村上に9号2ランを許すなど4回4失点で降板

[ 2019年5月6日 19:35 ]

セ・リーグ   ヤクルト―阪神 ( 2019年5月6日    神宮 )

<ヤ・神>4回無死一塁、村上の左越え2ランを浴びた青柳(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は先発した青柳が4回4失点(自責2)で降板。自らのミスや被弾で、試合をつくることができなかった。

 初回、1番・太田のセフティバントが自身の正面に転がってきたが、処理を焦って一塁に悪送球。三塁まで進まれると、その後、山崎の適時打と雄平の犠飛でいきなり2点を失った。2、3回は無失点も、4回無死一塁から6番・村上に左翼へ9号2ランを浴びて4失点目。直後の攻撃で鳥谷を代打に送られ、降板となった。

 前回29日の中日戦で、2戦連続中5日という状況ながらプロ初完封をマーク。そこから中6日で上がったこの日のマウンドだったが、ヤクルト打線に攻略された。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月6日のニュース