ロッテ石川、今季最長投球も悔やまれる2回「あそこ以外は良かった」

[ 2019年5月6日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1―4日本ハム ( 2019年5月5日    ZOZOマリン )

厳しい表情の石川(撮影・西海健太郎) 
Photo By スポニチ

 ロッテ・石川は今季最長の8回を投げたが、9安打4失点で2敗目を喫した。「2回の失点。あそこ以外は良かった」と右腕が振り返ったのは、先制点を許した場面だ。2回無死一、二塁から犠打野選で満塁となり、西川に2点二塁打を浴びるなど3点を失った。

 今季は開幕投手を務めたが、腰痛で2軍調整も経験して5試合で0勝2敗。井口監督も「しっかり投げ切れなかった」と2万8674人の本拠ファンに勝利を届けられず悔しさをにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月6日のニュース