フローラ13勝目 ヴィクトリアS春季L

[ 2019年5月6日 05:30 ]

日本女子プロ野球第11戦   京都フローラ4―3愛知ディオーネ ( 2019年5月5日    伏見桃山 )

決勝打を含む2安打2打点と活躍した村松
Photo By スポニチ

 ヴィクトリアシリーズ春季リーグは2試合が行われ、第2試合は京都フローラが接戦を制し13勝目を挙げた。

 1点ビハインドで迎えた5回、敵失で追いついた後の2死二塁で3番・村松が左翼線適時二塁打を放ち、勝ち越した。植村が6回3失点で2勝目、森は7セーブ目をマークした。決勝打を含む2安打2打点の村松は「昨日打てなかったので、今日はしっかり打つことを心掛けました」と勝利に貢献したことを喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月6日のニュース