西武・山川、北勝富士とどすこい“競演”「こういう日に打てて良かった」

[ 2019年5月6日 05:30 ]

パ・リーグ   西武4―0楽天 ( 2019年5月5日    メットライフD )

1打席対決を終えた北勝富士(左)と山川は並んでしこを踏む(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武・山川がリーグトップを独走する13号2ランで通算100本塁打に王手をかけた。2―0の6回無死三塁で左中間席へ叩き込むと「最高の結果になった」と喜んだ。

 お立ち台では始球式で対戦した北勝富士と、どすこいポーズも披露。「こういう日に打てて良かった」と笑顔を振りまいた。節目の本塁打へ向け「全然意識していない。チームの勝ちにつながる場面で打てたらベスト」と主砲らしかった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月6日のニュース