DeNA上茶谷“3度目の正直”1勝へ ドラ3大貫に「続きたい」

[ 2019年4月16日 05:30 ]

チューブを引っ張りトレーニングする上茶谷(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト1位・上茶谷がプロ初勝利を目指し、中日2連戦の初戦に先発する。3月7日のオープン戦では4回完全投球を見せた相手だが「オープン戦と違うのは分かっているし、一人も気を抜けない。初めての球場(ナゴヤドーム)なので順応して、テンポよく投げたい」と表情を引き締めた。

 11日の阪神戦では同じ新人でドラフト3位・大貫が一足先にプロ初勝利を挙げ「続きたい」と刺激を受けた。これまで登板した2試合は勝利投手の権利を持ちながらチームは終盤に粘れず敗れ、自身も白星をつかむことはできなかった。「2回ともチームが負けている。チームの勝ちにつながる投球をしたい」と「3度目の正直」を誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月16日のニュース