楽天・ウィーラー、人生初のサヨナラ打 「遅くまで応援ありがとう」ファンにも感謝

[ 2019年4月16日 22:59 ]

パ・リーグ   楽天5―4西武 ( 2019年4月16日    楽天生命パーク )

10回無死満塁、サヨナラの犠牲フライを打ったウィーラー(中)は水をかけられる(撮影・西海健太郎)   
Photo By スポニチ

 楽天は4―4の延長10回無死満塁からウィーラーが中犠飛を放ってサヨナラ勝ち。西武との競り合いを制して、連敗を2で止めた。ソフトバンクが敗れたため、再び首位に並んだ。

 ウィーラーは「打席では浮いた球を外野に飛ばすことだけ意識して打席に入りました。人生で初めてサヨナラ打なので非常に喜んでいます」と振り返り、人生初のサヨナラ打だったことを明かした。

 3回にも一時逆転となる適時二塁打を放った。ウィーラーは好調の理由について「自分が出来ることを一生懸命にやっているだけです。チームは勝つ時は勝ちますし、負ける時は負けるので、とりあえずはチームに貢献できるように頑張ります」と力強く語った。

 ファンに向けて「遅くまで応援ありがとうございます。長い試合でしたが、皆さんのおかげで勝ちに繋げることができました。今日は良い勝ちだったので、また明日会いましょう」とメッセージを送っていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月16日のニュース