広島・誠也、リーグ単独トップの7号ソロ 2試合連続弾で反撃ののろし

[ 2019年4月16日 19:39 ]

セ・リーグ   広島―巨人 ( 2019年4月16日    鹿児島 )

4回無死、右越えにソロを放つ鈴木(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 広島・鈴木がリーグ単独トップの7号ソロ。2試合連続弾で反撃の口火を切った

 巨人に4点を先行され、打線も山口の前に3回まで無安打。だが4回の先頭で打席に入った鈴木が、山口の高め直球を右翼席へ運んだ。

 14日のDeNA戦(横浜)に続く2戦連発。主砲の一発が飛び出すとそこから打線がつながり、1死満塁から代打・西川の犠飛で2点目を挙げた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月16日のニュース