今秋ドラフト上位候補のJFE西日本・河野、7回2安打完封 自己最速も149キロに更新

[ 2019年4月16日 20:15 ]

社会人野球・JABA岡山大会 予選Cブロック   JFE西日本 7―0 西濃運輸 ( 2019年4月16日    倉敷マスカットスタジアム )

<JFE西日本・西濃運輸>JFE西日本・河野は7回を2安打完封でコールド勝ちに貢献
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト上位候補のJFE西日本・河野竜生投手(20)が7回を2安打完封し、チームのコールド勝ちに貢献した。6回には球場表示で自己最速を1キロ更新する149キロをマークし、詰めかけた12球団30人以上のスカウト陣をうならせた。

 陽が傾き急激に球場内の気温が下がる中、河野が熱い投球を披露した。

 「生命線としている真っすぐで、打者に向かっていけた」

 5回2死まで1人の走者も許さない完全投球。6回には149キロを出し「初回と(グラウンド)整備後の6回を大事にしている。試合の後半にいいボールを投げたいと思っているので、ギアを上げられたのはよかった」と振り返った。7回を86球で2安打完封勝利。リーグ戦初戦を飾り山下敬之監督(43)は「初回を簡単に打ち取れて、乗ってきたんじゃないかな。きょうは河野に尽きるでしょう」と称えた。

 【スカウト陣、河野の評価】

 ▼広島・白武佳久スカウト部長 これでまた株が上がったね。評価は変わらないし、上位なのは間違いない。

 ▼巨人・渡辺政仁スカウト 真っすぐに力があるし、スライダーがいいところから曲がっている。

 ▼ヤクルト・橿渕聡スカウトG次長 完璧な内容。スライダーの見極めが難しいから、バッターが翻弄(ほんろう)されている感じ。

 ▼阪神・山本宣史スカウト 修正能力が高くなった。安定した左投手は少ないし、順調に成長している。必ず上位候補になる。

 ▼ロッテ・永野吉成チーフスカウト ストライク率が高くてテンポが良い。直球でバッターを押し込めているね。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月16日のニュース