ヤクルト・村上2戦連発!勝ち越し4号3ラン「しっかりスイングできた」

[ 2019年4月16日 19:02 ]

セ・リーグ   ヤクルト―阪神 ( 2019年4月16日    松山 )

<ヤ・神>初回2死一、三塁、村上は右越えに3点本塁打を放つ。投手ガルシア(撮影・北條 貴史) 
Photo By スポニチ

 ヤクルトの村上宗隆内野手(19)が16日、阪神戦(松山)に「7番・一塁」で先発出場し、14日の巨人戦(東京ドーム)から2戦連発となる4号3ランを放った。

 同点の初回2死一、三塁から阪神・ガルシアの内角への直球を右翼席に運んだ。「甘くきた球を、少しつまり気味でしたが、しっかりスイングすることができました」と勝ち越し弾を振り返った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月16日のニュース