ロッテ・種市、実は“理系”? 新1年生にランドセルカバー配布

[ 2019年4月16日 13:28 ]

千葉市磯辺小学校を訪問し、ランドセルカバーをプレゼントしたロッテ・種市
Photo By スポニチ

 ロッテの種市篤暉投手(20)は16日、午前に千葉市・磯辺小学校を訪問し、新小学1年生にランドセルカバーをプレゼント。「ランドセルカバーは車から身を守る大切なものです。僕は小学生の時にいろいろと興味を持った。みなさんも夢を見つけられるように頑張ってください」と話した。

 ランドセルカバー配布は2012年度からスタートし、今年で8回目。千葉市内の34小学校と球場で約3000枚を無償配布する。デザインは球団の公式マスコットのマーくん、リーンちゃんが手を挙げ横断歩道を渡るイメージになっている。

 種市は自身の小学生時代を振り返り「勉強も頑張ったし、理科が好きでした。スポイトとかメスシリンダーといった道具の名前は今でもすぐに出てきます」と思い出の引き出しをあけていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月16日のニュース