ナ・リーグ昨季のMVPイエリチが猛打 カージナルス戦で3発と自己最多の7打点

[ 2019年4月16日 16:12 ]

カージナルス戦で3本塁打を放ったブルワーズのイエリッチ(AP)
Photo By AP

 ナ・リーグの昨季の首位打者でシーズンMVPにも輝いたブルワーズのクリスチャン・イエリチ外野手(27)が、15日に地元ミルウォーキーで行われたカージナルス戦で大暴れ。2回にカージナルス先発のダコタ・ハドソン(24)から左中間に運ぶ飛距離123メートルの6号3ランを放つと、6回には3番手のマイク・メイヤース(27)から右越えに再び3ランを放った。打棒はさらにサク烈し、8回には5番手のジョン・ブレビア(28)から中越えに8号ソロ。この試合、4打数3安打で自己最多の7打点を記録した。

 試合はイエリチの活躍でナ・リーグ中地区首位のブルワーズが10―7で勝利を収めて11勝6敗。カージナルスは9勝7敗となって同地区3位となった。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月16日のニュース