DeNA・筒香 2戦連続スタメン外れる 13日に右肘死球

[ 2019年4月16日 16:20 ]

<中・D>試合前、外野から練習を見つめる筒香(左)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 13日の試合で右肘付近に死球を受けたDeNA・筒香が、16日の中日戦(ナゴヤD)で2試合連続スタメンを外れた。

 ラミレス監督は「まだ腫れがあるので大事をとって外します。今日は基本的には試合に出ません」と話した。

 筒香は13日の広島戦の4回1死、床田の初球を右肘に受けた。ベンチに治療に下がるとそのまま代走を送られ、試合中に横浜市内の病院に向かった。翌14日の試合は今季初めて欠場。ラミレス監督「打撲と聞いている。今日は起用するつもりはなかった」とコメントしていた。

 筒香は今季、全14試合で4番に座り、打率・358、4本塁打、13打点の成績を残している。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月16日のニュース