広島 小園 開幕1軍決定的 初スタメンで2号弾

[ 2019年3月22日 05:30 ]

オープン戦   広島7-7ヤクルト ( 2019年3月21日    神宮 )

9回1死一塁 2ランを放ちナインに出迎えられる小園(左)(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 広島のドラフト1位・小園(報徳学園)が開幕1軍を決定的にした。4打席凡退で迎えた9回の最終打席。1死一塁でカウント2―2から昨季35セーブを挙げたヤクルト守護神・石山の内寄り高めの143キロ直球を右翼席へ打ち込んだ。3日の西武戦以来の2号。堂林、バティスタが続いた3連発の起点になり、4点ビハインドをはね返す同点を呼んだ。

 「前の打席が悔しい結果(見逃し三振)だったので、最後は打ってやろうと思った。フォークを意識しながら、高めの直球を回転でうまく打てました」
 主力の田中広、菊池涼、鈴木が休養し、「1番・遊撃」で初先発。初のフル出場を果たし、5打席全て第1ストライクをフルスイングした。
 憧れの人にも認められた。小学校時代に所属していた宝塚リトルの先輩・山田哲だ。小学4年の時にチームの式典で対面して以来の再会。「うれしい。ナイスバッティングと言われました」。山田哲は「センスがある。1軍で活躍すると思う」と認めた。
 攻守走で鮮烈な印象を与える1年目の春。緒方監督は「関東のファンにいいアピールができたと思う。頑張っている選手の一人」と今後の処遇について明言を避けた一方、東出打撃コーチは「落とす理由がない」と明言した。事実上、開幕1軍を確定づける一発。プロの戦場をハツラツと駆け抜ける小園は「一打席一打席を大切に、明日からも少ないチャンスを生かしたい」と目を輝かせていた。 (江尾 卓也)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月22日のニュース