巨人・原監督 印象的だったWBCでのイチロー「野球にどっぷり漬かっていた」

[ 2019年3月22日 19:27 ]

<巨人・燦燦会>引退したイチローとのWBCでの思い出などを語る原監督(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の原辰徳監督(60)が22日、都内で報道陣に対応し、イチローとの思い出を語った。

 09年の第2回WBC日本代表では監督と選手という間柄。指揮官は「現実的に(引退が)来るんだな、来てしまったんだなと。少しびっくりしたというのが正直なところ。WBCでは主力選手としてチームをけん引してくれた。野球に取り組む姿勢、誰よりも早くグラウンドに来て、最後の最後まで誰よりも遅くグラウンドにいた。それくらい野球にどっぷり漬かっていた」と当時を回想。「現役を引退し、リラックスできる日がくると思います。新たな次の目標というのをつくった状態で、そこに突き進むのではないかなと思います。本当に、現役生活、ご苦労様でした」と労った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月22日のニュース