イチロー 2025年殿堂入り候補者に 資格1年目での選出なるか

[ 2019年3月22日 15:36 ]

引退会見でのイチロー (AP)
Photo By AP

 現役引退を表明したマリナーズのイチロー外野手(45)が米国野球殿堂の公式サイトにおいて、2025年に殿堂入りする新たな候補者として紹介された。

 同サイトは大リーグでの数々の実績の他、オリックス時代の通算1278安打も紹介。殿堂入りは引退から5年を経過すると資格が得られ、記者投票で75%以上の得票が必要となるが、イチローは資格1年目での選出が期待される。今年はヤンキースのクローザーとして活躍したマリアノ・リベラ氏(49)が史上初の満票選出。来年は同じくヤンキースの黄金期を支えたデレク・ジーター氏(44)が資格を得る。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月22日のニュース