DeNA・坪井コーチ、同学年の盟友イチロー引退惜しむ「まだできると思っている」

[ 2019年3月22日 16:18 ]

2010年1月、一緒に自主トレをするイチロー(手前)と坪井(当時日本ハム)
Photo By スポニチ

 DeNA・坪井智哉打撃コーチが同学年で親交の深いイチローの引退を惜しんだ。

 「僕の野球人生に凄く影響を与えてくれた人」という盟友が、21日に引退を発表。「ただただ驚いている。50歳までできると思っていた。毎年一緒に練習をしていて、今も勉強のために自主トレを見させてもらっている。動きは変わらないし、まだできると思っている。春先が悪いのはいつものことだから心配していなかった」と驚きの表情を浮かべた。

 若手時代から、近くでイチローの姿を見てきただけに「友達であり、野球選手として付き合ってきた。いろいろなことを考えていて私生活も全て野球に捧げてきた人」と振り返った坪井コーチ。20日の開幕戦は東京ドームに駆けつけていたといい「国民的ヒーローなんだとあらためて感じた。昨夜の会見も全て見たけどさすがですね」と敬意を表した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月22日のニュース