ロッテ・ドラ1藤原 初マルチ&盗塁&美技!開幕スタメンの可能性も

[ 2019年3月22日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ3―0阪神 ( 2019年3月21日    ZOZOマリン )

<ロ・神>3回1死、中谷の飛球をジャンピングキャッチする藤原(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 あるぞ54年ぶりの開幕スタメン。ロッテ・藤原(大阪桐蔭)が「1番・中堅」で先発出場し、オープン戦初マルチの2安打に加えて1盗塁、好守と躍動。井口監督は「今のところ開幕は1軍でと思っている」と明言した。  「できることを100%やりたい。一日一日、力をつけたい」

 指揮官の思いを伝え聞いても、藤原は喜びをこらえた。初回、右中間二塁打で2点先制の口火を切った。2回は中前打の後、二盗を狙いアウト。だが、5回に四球で3打席連続出塁すると雪辱の二盗を決めた。守りでは3回、中谷の飛球を背走してジャンピングキャッチ。指揮官は「外野陣もレギュラー争いの真っただ中。今日みたいな打撃をしてくれれば」とチームでは65年山崎裕之以来となる高卒新人野手の開幕スタメンに含みを持たせた。

 相手の阪神・糸井も「凄いな。ファンになったわ」と口にしたほど注目を浴びるルーキー。「まだまだ力不足。しっかり結果を残していきたい」とおごることはなかった。 (春川 英樹)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月22日のニュース