石岡一 女子部員がプラカードで入場行進「わくわくしました」 センバツ開会式リハ

[ 2019年3月22日 12:05 ]

第91回選抜高校野球大会 開会式リハーサル ( 2019年3月22日    甲子園 )

第91回選抜高校野球大会の開会式リハーサルが甲子園で行われた(撮影・平嶋 理子)  
Photo By スポニチ

 第91回選抜高校野球大会の開会式リハーサルが22日、行われ、出場全32校が参加した。

 21世紀枠で出場する石岡一(茨城)のプラカードを務めるのは、チームで唯一の女子部員である浜田芽里(めりい)さん(3年)。川井政平監督の、「公式戦のグラウンドを踏めないからせめて」との計らいで、入場行進に参加し、「すごいわくわくしました」とリハーサルを振り返った。

 普段の練習では、他の男子部員に混じって同じメニューをこなす。ポジションはセカンドで、「やっぱり力の差は感じます。でもみんな色々教えてくれたり、アドバイスもしてくれる。やっていくうえで不安を感じたことはありません」と話した。

 何よりも「野球が好きなので続けたかった」という浜田さん。23日の開会式でもプラカードを務める予定で、「みんなの憧れの舞台なので1勝でも多く勝ちたい」と大会の目標を話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月22日のニュース