阪神・福留「何歳になっても雲の上だった」 イチロー引退に驚き

[ 2019年3月22日 18:12 ]

 06、09年WBCでチームメートだった阪神・福留もイチローの引退を惜しんだ。同じ左打ちの右翼手として、憧れでもあり目標でもあった4学年上の先輩。08年のメジャーリーグのオールスターゲームでは両軍に分かれて先発出場するなど、浅からぬ縁があった。

 「やっぱりビックリしたというのが1番。僕らから見ていて、元気にプレーしておられるのが当たり前。そういう存在なんで」

 同タイプの選手ということもあり、ライバル心を抱いたこともあった。「雲の上の存在だし、そこに向かって一生懸命、何とか追いつこうと思いながらやってきた。この年齢になっても追いつけることはないし、何歳になっても雲の上だった」。印象に残っていることには「初めてのWBCで最初のキャッチボールの相手が僕だった。その時に、一つの練習でも、そこに入るまでの意識が違う。そういうところを勉強させてもらった」としみじみと振り返った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月22日のニュース