イチロー引退 センバツ出場の同世代監督からも惜しむ声「おこがましいですが…」

[ 2019年3月22日 12:11 ]

第91回選抜高校野球大会の開会式リハーサルが甲子園で行われた(撮影・平嶋 理子)  
Photo By スポニチ

 23日に開幕する第91回選抜高校野球大会開会式のリハーサルが22日、甲子園球場で行われた。

 取材対応で各校の監督も甲子園を訪れ、前夜に引退会見したマリナーズのイチローと同学年の監督らからは惜しむ声が相次いだ。

 1973年生まれが同い年。福知山成美の井本自宣監督は「同級生と言うなんておこがましいですが」と前置きしながら「会見を全部見ました。いつまでも現役を続けてほしかった」と惜しんだ。

 大分の松尾篤監督は「手が届かない存在。昨日は会見をすべて見ました」。また、桐蔭学園の片桐健一監督は「こちらが勝手に同学年と言っているだけですけれど」と大きすぎる存在を見上げながらのちに慶大―西武と進み、イチローとも対戦した同級生の高木大成から思い出話を聞くこともあったという。

 会見は夜中だったため、就寝時間で会見を見られなかった選手も多かったもよう。横浜の153キロ左腕で今秋ドラフト1位候補・及川は「見ようと思って粘っていたんですが…寝てしまった」と残念がっていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月22日のニュース