阪神・藤川球児 イチロー引退会見は正座して見た「現役選手の勉強、鏡になる」

[ 2019年3月22日 17:22 ]

 阪神の藤川球児投手(38)が22日、オリックス戦の試合前練習後に現役引退を発表したイチローについて思いを語った。

 前夜の会見は「正座して見てました」と切り出した右腕は「憧れだからこそ届かない存在で。雲の上とは本当にこのことだなと。日本人の代表として(世界に)日本人を知らしめてくれた」と一つ、一つ大切に言葉を選んだ。

 06年、09年にはWBC日本代表としてともに日の丸を背負ったこともあり「練習に取り組む姿勢、グラウンドに入ってくる時、それが人とは違う」と振り返った。

 幼少時代、自身は外野手として野球人生をスタートさせ、イチローモデルのグラブを買ったエピソードも明かし、最後は「イチローさんがプレーする、しないかではなく、生き方を見ていくことで、自分たちが勉強になるので。現役選手の勉強、鏡になる。すごい人ですよ、はい」と尊敬の眼差しを送った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月22日のニュース