阪神 浜地 開幕1軍見えてきた!「強い球という意識で投げた」

[ 2019年3月22日 05:30 ]

オープン戦   阪神0-3ロッテ ( 2019年3月21日    ZOZOマリン )

5回から登板して2イニングを無失点に抑えた浜地(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の3年目・浜地が2回無安打無失点と好投し、開幕1軍が見えてきた。140キロ台ながら力のある速球を投げ「真っすぐである程度押せた。強い球という意識で投げた」と汗を拭った。

 5回から登板し、許した走者は四球の1人だけ。過去に1軍登板はないが、秋山や馬場と先発6番手を争う。「今日決められる感じではない」と矢野監督。先発へのこだわりを示しながらも20歳は「言われたところでやりたい」と中継ぎとしても結果を残した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月22日のニュース