中日・小笠原「微力ですが協力を」地元藤沢市「災害復興基金」に100万円寄付

[ 2018年10月22日 14:16 ]

中日・小笠原慎之介投手
Photo By スポニチ

 中日は22日、小笠原慎之介投手(21)が同日、出身地である藤沢市が募集する「藤沢市災害復興基金」に100万円を寄付したと発表した。同基金は、2015年4月1日に藤沢市が市民生活の復興及び災害からの復旧を迅速かつ円滑に進めるために設置したもので、被災者の生活再建等に活用される。

 9月に発生した台風24号が地元藤沢市にもたらした被害状況を重く受け止め、同基金への協力を決めたという小笠原。球団を通じて「各地でいろいろな災害が起き、多くの方が被災されているのですが、自分がプロ野球選手になってから、まだ災害支援に協力できていなかったので、今回このように、自分の地元・藤沢で被害に遭われた地域があるということを耳にしたので、微力ですが協力させていただこうと思いました」とコメントした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月22日のニュース