0勝腕お見事!ソフトBドラ2高橋礼CS突破導いた 工藤監督勝負手ズバリ

[ 2018年10月22日 09:46 ]

パ・リーグCSファイナルS第5戦   ソフトバンク6―5西武 ( 2018年10月21日    メットライフD )

<西・ソ>先発で粘りの投球を見せた高橋礼(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 プロで1勝すら挙げていない。それでも大一番で先発に抜てきされたソフトバンクドラフト2位・高橋礼がCS突破に導いた。プロ球界でも珍しいサブマリンは、短期決戦で武器となった。

 「初回の3点は大きかった。思い切って内角が突けたし、高め低めのメリハリをつけて投げられた」。1メートル88の大型右腕のリリースポイントは地面からわずか10センチ。浮き上がる独特の軌道で初回、先頭の秋山を136キロ直球で遊飛に打ち取ると3者凡退。4回1死まで無安打に抑えた。

 5回に2点を失い、さらに秋山を打ち取った一塁線への打球でベースカバーに間に合わなかった。プロ初勝利まであと1人で降板。「白星は欲しかったけど、自分のミスで逃したのもある。詰めの甘さが出た」と反省したが、工藤監督が繰り出した勝負手に応えた。第2戦では中継ぎで2回2/3を1失点の好投。中2日で先発起用した指揮官は「持ってるものを試合で全部出してくれた。何とか一回りと思っていたけど、それ以上」と称えた。

 下手投げは中学時代から。同じ投法の牧田(パドレス)や元ロッテの渡辺俊介(現新日鉄住金かずさマジック)の著書を読み、「バイブル」とした。千葉県出身の22歳。「めんたいこがあれば、ご飯は何杯でも食べられる」という福岡名物がパワーの源となった。

 「自信を持って投げられている。今後につなげたい」。日米野球に出場する侍ジャパンにも追加招集されたサブマリン。広島との日本シリーズでも秘密兵器になり得る存在だ。 (後藤 実穂)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月22日のニュース