明大 ドラフト候補、渡辺佳 安打締め打率首位キープ

[ 2018年10月22日 05:30 ]

東京六大学野球第7週最終日   明大4―3立大 ( 2018年10月21日    神宮 )

<明大・立大>初回無死一、二塁、明大・渡辺佳が左前適時打を放つ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 明大はドラフト候補・渡辺佳が大学生活のラスト安打を放った。

 1点を追う初回無死一、二塁で先制の左前打。「最後に自分らしい逆方向のヒットが出てよかった」と振り返った。2打数1安打で途中交代し、打率・420で首位キープ。「(現役最多となるリーグ通算)95安打は打てると思っていなかった。首位打者は獲れたらいい」とうなずく。毎試合観戦に訪れる元横浜高監督の祖父・元智氏について「スコアやメモを取ってくれた。感謝したい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月22日のニュース