ブーイング鳴りやまず…西武 リクエストも判定覆らず 土が舞い検証難航

[ 2018年10月22日 05:38 ]

パ・リーグCSファイナルS第5戦   西武5―6ソフトバンク ( 2018年10月21日    メットライフD )

<西・ソ>5回2死一塁、打者・源田の時に一走・秋山は二盗失敗(右は西田)(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 西武は2点を返し、1点差に迫った5回2死一塁で一塁走者・秋山が二盗に失敗。辻監督はリクエストを試み、10分を超える検証が行われたが、判定は覆らなかった。

 映像では秋山の右足がベースに早くついたように見えたが、スライディングで土が舞い、難航。責任審判員の森三塁塁審は「確証ある映像がなかったので判定通りとした」と説明。辻監督は「言っても何も始まらない」と話したが、客席のファンからは審判へのブーイングが鳴りやまなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月22日のニュース