稼頭央 遊撃の定位置に手「現役として最後にありがとうと」

[ 2018年10月22日 05:30 ]

パ・リーグCSファイナルS第5戦   西武5―6ソフトバンク ( 2018年10月21日    メットライフD )

<西・ソ>ショートの位置に行き、グラウンドに手をやる松井(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 今季限りで現役を引退する西武・松井が試合後、ナインの手で背番号と同じ7度、胴上げされた。

 その後ベンチに戻り、再びグラウンドへ出ると、慣れ親しんだ遊撃の定位置の人工芝に手を置いた。「胴上げとは思わなかった。感謝しています。西武でショートとして育ててもらった。現役として最後にありがとうございましたと…」。CSで出番はなかったが、来季は2軍監督就任が確実。「本当にいいチームだった。終わりだというのは信じられない」と余韻に浸っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月22日のニュース