横浜 来秋ドラフト候補左腕・及川 8回2失点で8強進出

[ 2018年10月22日 16:04 ]

秋季高校野球関東大会1回戦   横浜8―2甲府工 ( 2018年10月22日    山日YBS )

<甲府工・横浜>8回2失点で8強入りに導いた横浜のエース及川
Photo By スポニチ

 横浜の来秋ドラフト候補左腕・及川雅貴投手(2年)が先発し、8回2安打2失点9奪三振。3回に先制こそ許したが試合中の修正で4回以降持ち直し、無安打に抑えた。

 序盤はスライダーの制球に苦しみ、毎回四球で走者を出した。3回に失点すると「自分でリズムを悪くした。次はしっかりリズムを作ろう」と気持ちを入れ直すと、3回2死から「やっと修正できた」と5回1死まで6者連続三振を奪うなど調子を取り戻した。

 5年ぶりセンバツ出場当確に向けては、4強進出が必須条件。「常に平常心でいくことは変わらない。明日も気持ちでぶつかりたい」と腕をぶした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月22日のニュース