如水館の迫田監督 来年3月で退任へ 73年春に怪物・江川攻略

[ 2018年10月22日 05:30 ]

 如水館(広島)の迫田穆成(よしあき)監督(79)が来年3月で退任することが分かった。中学生の来春進学の判断を控え、関係者が対応に当たっている。

 広島商で選手として57年夏、監督として73年夏に甲子園優勝。センバツで準優勝した73年春準決勝の作新学院戦では、重盗などで怪物・江川を攻略した。93年に如水館(当時・三原工)監督となり、11年夏の甲子園でベスト8。2校を甲子園に計14度導き、通算22勝を挙げている。今夏は広島大会3回戦で敗退した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月22日のニュース