北別府さん 号泣・辻監督にエール「いいチームを作ってきたと思いますよ」

[ 2018年10月22日 14:43 ]

北別府学氏
Photo By スポニチ

 広島で通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(61)が21日夜、自身のブログを更新。パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでソフトバンクに敗れ、試合後に行われた最終戦セレモニーで男泣きした西武の辻発彦監督(59)を思いやった。

 西武は10年ぶりにパ・リーグを制しながら、レギュラーシーズン2位のソフトバンクに3連敗を喫してCS敗退。チャンピオンチームでありながら27日開幕の日本シリーズ出場を逃した。試合後に行われた最終戦セレモニーであいさつに立った辻監督は言葉が出て来ず、号泣。マイクを通じて嗚咽がスタジアムに響き渡るという異例の状況となった。

 北別府さんは辻監督と同年代。「日本シリーズ進出をかけた大舞台 想像を絶するような精神力で戦ってきた末の涙 ファンの方々の心も打っただろうけど きっと選手たちの心にも響いたのではないかな?」とし、敗れはしたものの「いいチームを作ってきたと思いますよ」「投手力を磨いたら理想的なチームになるのは間違いないと思います」と辻監督の功績を労った。

 西武を破り、CSを突破した工藤公康監督(55)率いるソフトバンクは、27日から北別府さんの古巣でセ・リーグを3年連続で制した広島と日本一を懸けて日本シリーズを戦う。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月22日のニュース