ブルワーズ 82年以来のWS逃した

[ 2018年10月22日 05:30 ]

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第7戦   ブルワーズ1―5ドジャース ( 2018年10月20日    ミルウォーキー )

ドジャース戦の8回、リードを許す展開で試合を見守るイエリチ(右から2人目)らブルワーズの選手たち
Photo By 共同

 ブルワーズは82年以来のワールドシリーズ進出を逃した。イエリチが初回、今シリーズ初本塁打初打点の先制ソロ。3回から投入した救援の切り札ヘイダーも3回零封したが、2回以降は得点がなかった。

 昨季のリーグ覇者相手に第7戦まで持ち込み、クレイグ・カウンセル監督は「素晴らしい戦いを繰り広げてくれた」と総括。生え抜きの34歳ブラウンは「今季は胸を張っていい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月22日のニュース