エンゼルス新指揮官にオースマス氏 23日就任会見 大谷の起用法は踏襲へ

[ 2018年10月22日 09:38 ]

 エンゼルスは21日(日本時間22日未明)、来季の監督にタイガースの前監督でエ軍GM特別補佐のブラッド・オースマス氏(49)が就任すると発表した。22日(同23日)に就任会見を行う。

 大谷が今季からプレーしているエ軍は、19年間指揮を執っていたマイク・ソーシア監督が今季限りで退任。オースマス氏を含む10人の候補者に対して面談や筆記試験などを行い、人選を進めていた。

 オースマス氏はソーシア氏同様、現役時代は捕手。大リーグで18年間プレーした。タ軍の監督を昨季まで4年間務め、就任1年目の14年には地区優勝に導いた。今季からエ軍のフロント入りし、ビリー・エプラーGMの補佐役を務めていただけに、大谷の起用法についても球団の方針をスムーズに踏襲することになりそうだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月22日のニュース