クーニンズ4強 ユーチューバー、動画で選手募集 高松宮賜杯

[ 2018年10月22日 05:30 ]

スポニチ主催高松宮賜杯第62回全日本軟式野球大会1部第2日 ( 2018年10月21日    奈良県橿原市佐藤薬品スタジアムほか )

ベスト4を決めクーニンポーズを決めるクーニンズ・国行監督
Photo By スポニチ

 4会場で2回戦8試合と準々決勝4試合が行われ、圏外(開催地)、クーニンズ(東京)、大口消防署(鹿児島)、大分サニクリーン(大分)が4強入りした。22日に準決勝と決勝が行われる。

 ユーチューバーの「クーニン」ことクーニンズの国行智也監督が、動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」を通じて集めたチームが初出場で4強入りした。球場では対戦相手にも記念撮影をせがまれるなど大人気。準々決勝では安打を放ち「チームが盛り上がれば」と本塁へ気合のヘッドスライディングも敢行。「体力的に不安しかない」と弱気だが、今大会の台風の目となっている。

 《教師坂口道完投》準々決勝で先発した圏外の坂口道が得意の変化球を駆使して1失点完投。奈良勢唯一の4強入りに貢献。普段は小学校で教壇に立つ細身の左腕は「うまくボールを動かして投げられた」と笑顔。麻田信弘監督も「守りがよかった」と称えた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月22日のニュース