U23侍ジャパン メキシコ下し開幕3連勝!4番・内田の一発効いた

[ 2018年10月22日 13:48 ]

「第2回U―23ワールドカップ」の1次リーグが南米コロンビアで行われ、A組の日本はメキシコに7―2で勝利。開幕3連勝とした。

 4番の一発が効いた。日本は初回、1死から島田(阪神)、安田(ロッテ)の連打でチャンスを築き、4番・内田(楽天)が左中間に先制3ラン。主将も務める5年目の主砲のアーチで試合の主導権を握った。

 投げては先発・阪口(DeNA)が好投。4回2/3を4安打1失点で、その後は成田(ロッテ)、鈴木(オリックス)、塹江(広島)、桜井(DeNA)のリレーでメキシコの反撃を封じた。

 3連勝の日本は23日午前零時からオランダ戦が控える。大会は12チームが参加。6チームずつ2グループに分かれ、1次リーグの上位3チームがスーパーラウンドに進む。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月22日のニュース