【CS隠しマイク】対策ズバリ?ソフトB藤本打撃コーチ「今日は悪い方のウルフだといい」

[ 2018年10月22日 09:00 ]

パ・リーグCSファイナルS第5戦   西武5―6ソフトバンク ( 2018年10月21日    メットライフD )

<西・ソ>初回無死満塁、柳田に走者一掃の二塁打を浴びるウルフ(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 ◎西武・辻監督は練習の際にソフトバンク・甲斐とギュギュッと握手。「よく打つね〜」と言った後「大丈夫か?声出るか、声」。甲斐は前日、首にボールを当てていました。優しいです。

 ◎ソフトバンク・藤本打撃コーチは、西武先発のウルフ対策を問われ「いいときと悪いときがハッキリしているからね。今日は悪い方のウルフだといいかなというところ」。初回に3得点の猛攻でした。

 ◎満面の笑みを浮かべてグラウンドに出てきたソフトバンク・井原信也チーム運営部監督付は理由を聞かれ「作り笑いです」。そうは見えませんよ。

 ◎西武・山川が鉄製の素振り用バットを振った担当記者のスイングを見て「打てますよ、草野球なら。プロは球が速いから、ちょっと難しいかも」。気遣い、ありがとうございます。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月22日のニュース