広島、日本シリーズ進出決定のCS第3戦 地元視聴率は49・1%!瞬間最高56・0%

[ 2018年10月22日 18:49 ]

<広・巨>記念撮影をする(左から)丸、会沢、田中、菊池、新井、野間、鈴木(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 広島が2年ぶり8度目の日本シリーズ出場を決めた19日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦を生中継した広島テレビ(日本テレビ系)の「広島×巨人」(金曜後9・00〜9・29)の地元・広島地区での平均視聴率が49・1%(ビデオリサーチ調べ)だったことが22日、分かった。

 午後6時15分〜7時までの平均視聴率は30・0%、同7時〜9時までは41・8%。瞬間最高は試合後セレモニーの場面で午後9時16分の56・0%。試合中の瞬間最高は午後9時2分の54・0%だった。

 球団初のリーグ3連覇を果たした広島がレギュラーシーズン3位からCSファーストステージを勝ち上がった巨人に5―1で3連勝。6試合制で行われるCSファイナルステージの通算成績を上位チームのアドバンテージ1勝を加えて4勝0敗とし、2年ぶり8度目の日本シリーズ出場を一気に決めた。この日が巨人・高橋由伸監督のラスト采配となり、試合後にはマツダスタジアムの広島ファンからも由伸コールが起こり、巨人の応援席からは現役時代の応援歌も流れた。

 広島は27日からの日本シリーズで34年ぶりの日本一を目指す。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月22日のニュース