PR:

甲府工 横浜・及川から先制も逆転負け「相手が1枚上だった」

秋季高校野球関東大会1回戦   甲府工2―8横浜 ( 2018年10月22日    山日YBS )

 甲府工は横浜の及川から2点を先制するも逆転負けを喫した。

 3回、2番の五味太陽外野手(2年)が145キロを捉え、左越え適時二塁打で2点を先制。及川について「注目されている投手。速かったし、変化球のキレもすごかった。接戦に持ち込めばいけるんじゃないかと思っていた」「前の打席で内角直球を見逃していたので、次も同じ球が来ると思った。思い切ってスイングできた」と振り返った。

 それでも4回以降はチームで無安打に抑えられ、全国屈指の好左腕を攻略とはいかなかった。五味は「相手が1枚上だった。これから頑張って、甲子園で横浜とあたってリベンジしたい」と雪辱を誓っていた。

[ 2018年10月22日 15:47 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月18日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム