Rソックス 打線好調も中継ぎ陣不安露呈

[ 2018年10月7日 05:30 ]

ア・リーグ地区シリーズ第1戦   レッドソックス5―4ヤンキース ( 2018年10月5日    ボストン )

<レッドソックス・ヤンキース>1点リードを守り切ったキンブレルはガッツポーズ(AP)
Photo By AP

 レッドソックスは5年ぶりの世界一へ、強力打線が真価を発揮した一方で、弱点の中継ぎ陣は不安を露呈した。

 後半に反撃を許した上、中継ぎのライトが膝の不調のため、第3戦先発予定のポーセロを8回に投入。イニングをまたいだ守護神キンブレルは9回に1点差に詰め寄られた。アレックス・コーラ監督は「27個のアウトを奪うのはとても難しいことで時には2つ目のプラン、3つ目のプランに変更しなければいけない」と振り返った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月7日のニュース