桐蔭学園 7回コールドで9年ぶり決めた

[ 2018年10月7日 05:30 ]

秋季高校野球神奈川大会準決勝   桐蔭学園10―2厚木北 ( 2018年10月6日    平塚 )

 桐蔭学園は7回コールドで厚木北を下し、9年ぶりの関東大会出場を決めた。

 先発の左腕・伊礼が5回無失点。主将で3番の森が4安打するなど計13安打の猛攻で投打にかみ合った。高橋由伸ら名選手を輩出してきた名門も03年センバツ以来甲子園から遠ざかる。森は「自分たちの代で、という思いは強い」と、関東大会に向け気合十分だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月7日のニュース