ヤクルト ドラ4ルーキー塩見 プロ25打席目で待望初安打

[ 2018年10月7日 20:31 ]

<ヤ・神>7回1死、塩見は右前にプロ初安打となる二塁打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

ヤクルト ドラ4ルーキー塩見 プロ25打席目で待望初安打【セ・リーグ ヤクルト―阪神 神宮】ヤクルトのドラフト4位ルーキー、塩見泰隆外野手(25)が7日の阪神戦(神宮)で待望のプロ初安打をマークした。

 塩見は「1番・中堅」で先発していた坂口に代わって5回から中堅の守備へ。5―0で迎えた7回、1死走者なしという場面で入ったこの日の初打席で阪神3番手の左腕・岩崎が投じた2ボール2ストライクからの5球目、外角の直球を叩き、右前へポトリと落ちる二塁打を放った。

 武相高、帝京大、JX―ENEOSを経て2017年ドラフト4位でヤクルト入団。プロ25打席目のうれしい初安打だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月7日のニュース