清宮 CS先発起用も 栗山監督「もちろんゼロじゃない」

[ 2018年10月7日 05:30 ]

千葉・鎌ケ谷の2軍施設で練習を行う日本ハム・清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムの清宮が史上6人目の高卒新人のCS出場に向け、8日からの宮崎フェニックス・リーグで打撃フォームを固める。1軍を離れて千葉・鎌ケ谷で練習し「(CSは)違った雰囲気だろうけどチームの勝利だけを考える」と語った。

 13日開幕のソフトバンクとのCSファーストSに向け、宮崎では11日まで4試合に出場する。今季は1軍初昇格だった5月2日からは7試合連続安打で、3度目の昇格だった8月21日以降も5試合で打率・294。じっくりと2軍調整して昇格すれば結果が出る。今回は短期間だが「(1軍は)自分のスイングをさせてもらえなかった」という崩れたフォームを見直し、CSでの爆発につなげる。

 栗山監督は1軍が練習した札幌ドームで清宮の先発起用の可能性を問われ「もちろんゼロじゃない」と明言。高卒新人がCSで本塁打を放てば史上初で、安打でもパ・リーグ初の快挙となる。 (山田 忠範)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月7日のニュース