巨人 ファーム日本一ならず 高田修正できず5失点

[ 2018年10月7日 05:30 ]

ファーム日本選手権   巨人4―8阪神 ( 2018年10月6日    サンマリン宮崎 )

<神・巨>阪神打線につかまり4回途中で降板する高田(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 2年ぶり9度目のファーム日本一を目指したが、届かなかった。巨人の先発・高田が4回途中5失点、3番手の大江は2回2失点。高卒2年目の期待の両投手が阪神打線につかまった。

 高田は4回に3連打、2四死球と崩れて降板。「抜け球でカウントを悪くしてしまった。3回まで何とか抑えたが、ランナーが出て修正できなかった」と悔やんだ。川相2軍監督は「自分の状況判断のミスで試合の流れをうまくつかめなかった」と語った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年10月7日のニュース