ロッテドラ1安田 3三振で今季終了「まだまだ実力不足」

[ 2018年10月7日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1―8楽天 ( 2018年10月6日    楽天生命パーク )

<楽・ロ>6回1死、空振り三振に倒れる安田(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ロッテドラフト1位の安田は「5番・三塁」で先発出場し、則本に3打数3三振。来季の新人王資格を維持する規定60打席で1年目を終えた。

 2日のソフトバンク戦でプロ1号も放ったが「まだまだ実力不足です。来季はレギュラーを獲り、新人王をモチベーションに頑張りたい」。今後は宮崎フェニックス・リーグで調整し、19日からコロンビアで開催されるU―23ワールドカップで侍ジャパンU―23代表として世界と戦う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月7日のニュース