DeNA・ラミレス監督“奇策”にネット騒然「なにこれ?」

[ 2018年10月7日 15:21 ]

セ・リーグ   DeNA―広島 ( 2018年10月7日    マツダ )

7日の広島―DeNA戦(マツダ)スターティングメンバー
Photo By スポニチ

 DeNAのラミレス監督が逆転でのCS進出に必死の選手起用だ。

 7日の広島戦(マツダ)で、ここまで38本塁打を放っている主砲・筒香をプロ初の1番に入れ、2番にはリーグトップタイ39本塁打のソト、3番には打率・209の乙坂、4番には26本塁打のロペスという”新布陣”を選択。だが、乙坂が初回の第1打席で送りバント失敗、3回の第2打席で空振り三振に倒れると、その裏には乙坂を諦めて「3番・中堅」には早くも桑原を入れた。

 DeNAはこの日の広島戦も含めた3試合で1試合でも落とせば、クライマックスシリーズ(CS)出場が消滅する瀬戸際。ヤフーのリアルタイム検索では1位に「乙坂」2位に「1番筒香」が入るなどネット上でも注目を集め、ツイッターには「ラミレス監督って奇策大好きやね」「なにこれ?パワプロでもやってんの」「3番乙坂が謎」などのコメントが躍った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月7日のニュース