横浜関東切符 小泉サヨナラ逆転2ラン&及川12K完投

[ 2018年10月7日 05:30 ]

秋季高校野球神奈川大会準決勝   横浜2―1慶応 ( 2018年10月6日    平塚 )

<秋季神奈川県大会 横浜・慶応>逆転サヨナラ勝ちを決め、大喜びの横浜ナイン
Photo By スポニチ

 横浜が劇的なサヨナラ2ランで、2年ぶりの関東大会出場を決めた。神奈川県大会準決勝で、ともに今夏甲子園に出場した慶応と激突。0―1の9回1死一塁で、1番・小泉の打球は左翼席に突き刺さった。負ければセンバツ出場が絶望となっただけに「凄くうれしい。最高」と喜びを爆発させた。

 1年夏には保土ケ谷球場のバックスクリーンに公式戦1号を叩き込んで注目を浴びたが、今夏は控えも経験。3回戦の金足農戦では代打出場もスクイズを失敗し、逆転負けした。「信頼されてないからスクイズが出たと思う」。秋は人一倍声を出し、率先して練習に取り組むと打撃も復調。通算8号は値千金の一発となった。

 エース左腕・及川は12奪三振で完投。平田監督は「攻撃は反省9割。バッテリーがよく頑張った。鍛え直して関東大会に臨みたい」と気を引き締めた。 (松井 いつき)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月7日のニュース