引退の巨人・脇谷 2軍戦で9回代打 12度舞い「幸せな野球人生だった」

[ 2018年10月7日 05:30 ]

ファーム日本選手権   巨人4―8阪神 ( 2018年10月6日    サンマリン宮崎 )

<神・巨>現役最後の試合を終え、ナインに胴上げされる脇谷(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 今季限りで引退する巨人・脇谷が最後のユニホーム姿を見せた。出身地の大分から駆けつけた家族に見守られ、9回に代打で登場。一ゴロに倒れたが、観客からは惜しみない拍手が送られた。

 スタンドに向かって何度も頭を下げ、試合後には背番号と同じ12回の胴上げ。「後輩たちに胴上げされたのはうれしかった。幸せな野球人生だった」。充実の表情で13年間のプロ野球生活に幕を閉じた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月7日のニュース