日体大 サヨナラ負けでV絶望的

[ 2018年10月7日 05:30 ]

首都大学野球   日体大2―3桜見林大 ( 2018年10月6日    飯能市民 )

6回4安打2失点で好投の日体大のプロ注目・東妻
Photo By スポニチ

 日体大はドラフト候補の継投も桜美林大にサヨナラ負け。3カードを終え勝ち点1で、優勝が絶望的になった。

 先発の東妻は6回4安打2失点。「配球のミスが多かった。ドラフトは楽しみだけど、今は大学野球に集中したい」と話した。7回から救援の松本航は3回0/3で6安打1失点。延長10回に3連打で無死満塁とし、左翼手の失策で決勝点を与えた。「反省が多い。プロでの先発ローテーション入りを目指して成長したい」と言った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年10月7日のニュース